ニキビケアを行なって綺麗なお肌を作る|しっかり美肌ケア

レディー

ニキビの治療は専門施設で

鏡を見る女性

ニキビの状態に応じて選ぶ

病院に行くと、症状に合わせたニキビの治療を受けることができます。レーザー治療だけを考えてみても、フラクショナルCO2レーザー、ロングパルスYAGレーザー、CO2レーザー、アレキサンドライトレーザー等があります。ニキビケアでは、個々の状態や進行度に応じて適切な処置をしなければなりませんので、なるべく多くの選択肢があった方がより適したものを選ぶことができます。ニキビケアでは、ケミカルピーリングが利用されることもあります。ケミカルピーリングは病院で行われるものですが、自宅用のケア用品にもピーリング作用の含まれるものが売られています。自宅でのケア用品は作用が弱いのですぐに効果を感じることができませんが、病院で行われているケミカルピーリングは強いので、すぐに反応が現れます。炎症性のニキビができている時には利用できませんが、症状が落ち着いていれば問題なく行うことができ、すぐに効果が得られる優れた治療法です。また、最近では大人のニキビケアとして注射が用いられることもあります。炎症を抑えるタイプ、凹凸の残るニキビ跡も消せるタイプ、抗酸化作用により美肌を促すタイプ等がありますので、ニキビの種類や症状に合わせて注射治療を選びます。どれも気になる症状を抑えるのに大きな効果を発揮しますので、正しく選ぶことが重要です。この他にも様々な治療法があり、短期間で優れた効果を得ることができます。少し重い症状が現れていても、適切に治療が行えるという点が人気の秘訣です。

治療によって異なる特徴

ニキビケアの治療では、選ぶ方法によって効果やかかる費用、必要な期間が異なります。フラクショナルCO2レーザーは、表皮の肌細胞の再生を促す方法です。凹凸のあるクレーター状のニキビ跡も、繰り返し照射をすれば少しずつ目立たなくなります。ロングパルスYAGレーザーは赤みのあるニキビに最適です。再生力の衰えた肌を回復させます。CO2レーザーは炭酸ガスレーザーとも呼ばれ、比較的症状の軽い白ニキビに最適です。照射を行って皮膚に小さな穴をあけ、そこから膿や皮脂を取り除くことによって症状を緩和させます。アレキサンドライトレーザーはニキビ予防に効果を発揮します。ムダ毛を無くすことによって自己処理による角化を防ぎ、結果的にニキビを予防することができます。レーザー治療だけでもこのように色々な選択が行えますが、病院では他にもケミカルピーリングや点滴、イオン導入等様々な方法が取り入れられています。ピーリングはニキビ跡を消したい時にもよく利用される方法であり、弱い酸を利用して表皮を溶かし、古い角質を取り除く方法です。古い角質がいつまでも肌に留まると、皮脂や汚れが詰まりやすくなりニキビの原因になります。注射治療では、炎症を鎮めるためにケナコルトが使われます。一時的な治療になりますが、炎症や痛みを抑えるのに有効な方法です。他には、美容外科で使用されるヒアルロン酸やプラセンタが利用されることもあります。潤いを与えることによって肌代謝は高まりますし、凹凸のあるニキビ跡の改善にも役立ちます。